効果 – YOGA ed.

効果

Yoga Ed.のカリキュラムを通して、これから教育者やカウンセラーになる学生たちは、将来、彼らの学生たちに対して、生涯における健康、幸福、そして成功を支えるためのツールを身につけます。

ヨガの効果:大学

学生たちは、包括的で実践的なツールを学び、教授法をさらに高めると同時に、これから受け持つ生徒たちの成果も向上させることができます。教育者を目指す学生は、クラスルームでのマットヨガ、またはチェアヨガの組み込み方を学ぶだけではなく、こころの知能、レジリエンス(精神的回復力)、自己統制力を教育者として体現する仕方をも学びます。そういったスキルは、学生を教育分野におけるリーダーへと導くことでしょう。

  • 運動能力

    生徒たちは、音楽、動き、遊びを通して、粗大運動能力と微細運動能力や身体管理、そして空間認識を発達させます。

  • 自己統制

    生徒たちは、ヨガポーズで身体を動かし、仲間と互いに影響し合うことで、感情や身体感覚を探求し、思考や気持ちを健康的に管理する方法として、呼吸や動きを学びます。

  • 自己への気づき

    ヨガは、気持ちは感情、意見を観察し認知することを支え、敬意を持ってコミュニケーションできるように促します。

  • 実行機能

    生徒と講師の間でやり取りをする対話式で進めていくレッスンプランは、生徒たちに、物事がどのようにして働くのか、ということに興味ををもたせ、論理を使って合理的で分析的な思考から問題解決に挑みます。

  • 仲間との人間関係

    ヨガは、クラスの中で、仲間との前向きな関係を築き上げる機会を与え、いじめにつながる行動を減少させます。

  • 自己像の形成(セルフイメージ)

    ヨガは、ポジティブなセルフイメージや高い自尊心をもつための種を植え、自己をいたわる気持ちを持つことを促し、自己に対して公平であることを促進します。

  • 立ち直る精神力(レジリエンス)

    ヨガは、感情を上手く操り、自信と前向きな姿勢を発達させ、逆境に強く立ち向かうことができるようにサポートします。