児童と十代の若者向けチェアヨガワークショップ – YOGA ed.
  • 学校・教育機関

  • ヨガインストラクター

  • 大学・短期大学・専門学校

  • 保護者

  • 医療専門家

  • NPO (非営利団体)

児童と十代の若者向けチェアヨガワークショップ

このワークショップでは、子どもと十代の若者たちと短時間できるヨガブレイクを実践するために必要な幅広い基本的な考え方とツールを身につけます。ここでは健康、学習、そして成功を効果的に促進するヨガツールを学び実践していきます。このワークショプでは、子どもや十代の若者たちが一日の中で苦手とする時間 (切り替え) を特定し、ヨガのツールを活用してよりポジティブな心の状態に切り替える方法を深く理解することができます。

私たちYoga Ed.の使命は、あなた自身とあなたの身近に存在する子どもや十代の若者たちの健康と幸福を促進するために必要なツールを、あなたに備えることです。Yoga Ed.の児童向けチェアヨガワークショップは、教育者に限らず、保護者やカウンセラー、医療関係者やその他子どもに携わる仕事をしている大人向けにデザインされています。

このワークショップで、5-15分のヨガセッション -または「ヨガブレイク」- を効果的に活用して、生徒や教師へ自己への気づきと自己統制力を高めます。このヨガブレイクは教育機関向けにデザインされていますが、サッカーの練習へ向かう車の移動中やメディカルセンター、または食卓を囲むときなど、多様な環境で容易に取り入れることができます。また、呼吸法、ヨガポーズ、そしてリラクゼーションをクラスルームに統合することから得られる身体的、認知的、社会的、そして感情的な効果も学びます。このヨガツーツールアクティビティは、ヨガの経験、余分な設備、またはスペースを必要としません。

 

このコースで学ぶこと

ヨガツールをうまく活用して、子どもや十代の若者の心の状態をより良い方向に切り替える
このワークショップでは、子どもや十代の若者たちと短時間できるヨガブレイクを実践するために必要な幅広い基本的な考え方とツールを身につけます。ここでは健康、学習、そして成功を効果的に促進するヨガツールを学び実践していきます。このワークショプでは、子どもや十代の若者たちが一日の中で苦手とする時間 (切り替え) を特定し、ヨガのツールを活用してよりポジティブな心の状態に切り替える方法を深く理解することができます。

対象: 児童 (3歳 – 12/歳 未就学児童 – 小学6年生)、十代の若者 (13歳 – 18歳 /中学1年生 – 高校3年生)
セッション: 児童 (5月3日 11:30am – 3:30pm)、十代の若者 (5月4日 11:30am – 3:30pm)

 

CEU+スタンダード

この4時間のワークショップは全米ヨガアライアンスに認定されています。このワークショップを修了すると、全米ヨガアライアンス、チャイルド・ライフ・スペシャリスト (Child Life Council・米国)、また限られた地域のスクール・ディストリクト (米国) の継続教育ユニット(Continuing Education Units/ CEUs) に加算することができます。

 

参加資格

資格も経験も問いません。ヨガや教育、そして子どもの健康と幸福に関して情熱をお持ちであれば、どなたでもご参加いただけます。

 

コース教材

子どもたちへより多くの緑を残すために、Yoga Ed.のコース教材はデジタル式でお渡しします。このトレーニングには以下の教材が含まれます:

  • 75ページ・全カラー写真付きカリキュラム

このコースであなたが得ること

Yoga Ed.のワークショップがあなたへもたらすもの

学校・教育機関

あなたがたとえ担任教師や体育教師、カウンセラー、または学校の運営・管理者やホームスクーラーであっても、チェアヨガワークショップは、以下の方法であなたをサポートします:

  • ダイナミックティーチング・テクニックを用いて、生徒の行動やクラス管理を向上させる
  • 生徒たちが、クラス前やテスト前の不安な気持ちを、ヨガの呼吸やリラクゼーションを用いて自己統制できるように育む
  • 生徒を引きつけるヨガブレイクで、健康と幸福を高める

ヨガインストラクター

ヨガインストラクターやスタジオ経営者の皆さんを、チェアヨガワークショップは以下の方法でサポートします:

  • 教育現場へ大人と子どものヨガツールを導入して、あなたの仕事の幅を広げる
  • 楽しくて遊び心満載のヨガブレイクを通して、ヨガが提供するライフスキルをシェアする
  • ヨガ教育を通して生涯をかけた学習を見つける
  • 幸せで健康に満ちた子どもの未来への活動に加わる

保護者

保護者は、チェアヨガワークショップを通して以下のことを学びます:

  • 子どもが一日の中で苦手とする物事と物事の間の切り替えをうまくナビゲートする
  • 物事が思い通りに進まないとき、子どもがヨガのツールを使って気持ちを落ち着かせ自己統制できる能力を育む
  • 子どもへ生涯の健康と幸福の種まきをする

医療専門家

看護師や作業療法士、理学療法士、チャイルド・ライフ・スペシャリスト、そして社会福祉士などの小児医療専門家へ、チェアヨガワークショップは、以下の方法でサポートします:

  • 患者のケアにシームレスにヨガツールを組み込み、ヨガの呼吸法とリラクゼーションで患者へ自己統制を促進する
  • 様々な医療環境へ簡単に取り入れることのできるチェアヨガポーズ、呼吸法、そしてゲームを学ぶ

NPO(非営利団体)

青年向けのサービスを提供している非営利団体は、以下の理由からチェアヨガワークショップの受講を推奨します:

  • ダイナミックティーチング・テクニックを用いて、あなたのスタッフが生徒の行動やクラス管理を向上させる能力を高める
  • 子どもや十代の若者が授業前やテスト前にヨガの呼吸法とリラクゼーションを使って自己統制できるように育む
  • 子どもや十代の子どもを引きつけるヨガブレイクで、健康と幸福を高める