効果 – YOGA ed.
  • 未就学
  • 小学生
  • 中学生
  • 高校生
  • 全て
ハンドルをドラッグする

ヨガの効果:

  • 運動能力

    生徒たちは、音楽、動き、遊びを通して、粗大運動能力と微細運動能力や身体管理、そして空間認識を発達させます。

  • 自己統制

    生徒たちは、ヨガポーズで身体を動かし、仲間と互いに影響し合うことで、感情や身体感覚を探求し、思考や気持ちを健康的に管理する方法として、呼吸や動きを学びます。

  • 主体性の発達

    生徒たちは、ヨガのクラス中、自分から探求するように取り組むことで、自分自身の行動に対して責任をとることを覚えます。

  • 想像力で遊ぶ

    未就学児は、ヨガのお話、ゲーム、ビジュアライゼーションを通して、彼らの好奇心や想像力を働かせます。

  • 言語とコミュニケーション

    生徒たちは、ヨガポーズを行う際明確な指示に従い、言葉での合図に従うことができるようになります。

  • 運動能力

    生徒たちは、音楽、動き、遊びを通して、粗大運動能力と微細運動能力や身体管理、そして空間認識を発達させます。

  • 自己統制

    生徒たちは、ヨガポーズで身体を動かし、仲間と互いに影響し合うことで、感情や身体感覚を探求し、思考や気持ちを健康的に管理する方法として、呼吸や動きを学びます。

  • 自己への気づき

    ヨガは、気持ちは感情、意見を観察し認知することを支え、敬意を持ってコミュニケーションできるように促します。

  • 実行機能

    生徒と講師の間でやり取りをする対話式で進めていくレッスンプランは、生徒たちに、物事がどのようにして働くのか、ということに興味ををもたせ、論理を使って合理的で分析的な思考から問題解決に挑みます。

  • 学習成果

    ヨガを練習をすることで、子どもたちの集中力を発達させ、学習への前向きな姿勢(レディネス)を増加させ、学習成果を支持します。

  • 自己への気づき

    ヨガは、気持ちは感情、意見を観察し認知することを支え、敬意を持ってコミュニケーションできるように促します。

  • 学習成果

    ヨガを練習をすることで、子どもたちの集中力を発達させ、学習への前向きな姿勢(レディネス)を増加させ、学習成果を支持します。

  • 仲間との人間関係

    ヨガは、クラスの中で、仲間との前向きな関係を築き上げる機会を与え、いじめにつながる行動を減少させます。

  • 自己像の形成(セルフイメージ)

    ヨガは、ポジティブなセルフイメージや高い自尊心をもつための種を植え、自己をいたわる気持ちを持つことを促し、自己に対して公平であることを促進します。

  • 立ち直る精神力(レジリエンス)

    ヨガは、感情を上手く操り、自信と前向きな姿勢を発達させ、逆境に強く立ち向かうことができるようにサポートします。

  • 自己効力感

    ヨガは、生徒が自分自身の感情や行動といった内側の小さなことから社会的文脈という外の大きなことまで、どんな状況にぶつかっても自信を持って対応できる能力を高め、大学進学や就職へ備えます。

  • 意思決定

    ヨガは、認知機能を高め、行動に勢いよく飛び込む前に理性的に物事を決められるように、論理を使って合理的で分析的な思考や情報収集能力を向上させます。

  • 運動能力

    生徒たちは、音楽、動き、遊びを通して、粗大運動能力と微細運動能力や身体管理、そして空間認識を発達させます。

  • 自己統制

    生徒たちは、ヨガポーズで身体を動かし、仲間と互いに影響し合うことで、感情や身体感覚を探求し、思考や気持ちを健康的に管理する方法として、呼吸や動きを学びます。

  • 主体性の発達

    生徒たちは、ヨガのクラス中、自分から探求するように取り組むことで、自分自身の行動に対して責任をとることを覚えます。

  • 想像力で遊ぶ

    未就学児は、ヨガのお話、ゲーム、ビジュアライゼーションを通して、彼らの好奇心や想像力を働かせます。

  • 言語とコミュニケーション

    生徒たちは、ヨガポーズを行う際明確な指示に従い、言葉での合図に従うことができるようになります。

  • 自己への気づき

    ヨガは、気持ちは感情、意見を観察し認知することを支え、敬意を持ってコミュニケーションできるように促します。

  • 実行機能

    生徒と講師の間でやり取りをする対話式で進めていくレッスンプランは、生徒たちに、物事がどのようにして働くのか、ということに興味ををもたせ、論理を使って合理的で分析的な思考から問題解決に挑みます。

  • 学習成果

    ヨガを練習をすることで、子どもたちの集中力を発達させ、学習への前向きな姿勢(レディネス)を増加させ、学習成果を支持します。

  • 仲間との人間関係

    ヨガは、クラスの中で、仲間との前向きな関係を築き上げる機会を与え、いじめにつながる行動を減少させます。

  • 自己像の形成(セルフイメージ)

    ヨガは、ポジティブなセルフイメージや高い自尊心をもつための種を植え、自己をいたわる気持ちを持つことを促し、自己に対して公平であることを促進します。

  • 立ち直る精神力(レジリエンス)

    ヨガは、感情を上手く操り、自信と前向きな姿勢を発達させ、逆境に強く立ち向かうことができるようにサポートします。

  • 自己効力感

    ヨガは、生徒が自分自身の感情や行動といった内側の小さなことから社会的文脈という外の大きなことまで、どんな状況にぶつかっても自信を持って対応できる能力を高め、大学進学や就職へ備えます。

  • 意思決定

    ヨガは、認知機能を高め、行動に勢いよく飛び込む前に理性的に物事を決められるように、論理を使って合理的で分析的な思考や情報収集能力を向上させます。