保護者の皆さん、子育てに役立てているツールボックス (道具箱) をお持ちですか。そのツールボックスの中には、子どもが求めていることを瞬時に判断して対応するトリックであったり、発達をサポートするもの、または買い物をパッと済ませる間のちょっとした技が入っているかもしれません。経験を通して日々学び、使えば使うほどあなたのそのツールは磨かれていくに違いありません。

Yoga Ed.のプログラムやクラス、そして参考資料は、あなたが子育てに生かしているツールのコレクションを増やすことができるでしょう。そのツールとは、子どもの発達をより深く理解することであったり、どんな状況でも子どもとつながりを戻せるシンプルで根拠に基づいた戦略であったり、あなたが子育て中に直面するどんな困難も機会もうまく乗り越えることができるようにサポートするものです。

Yoga Ed.は8の方法であなたの子育てをサポートします:

1. 子どもの家庭での学習をサポートする

算数の宿題の手伝いをすることは難しいかもしれませんが、困難な問題にも乗り越えられるスキルや、学ぶべきことをしっかりと記憶し、そして集中力を失わずに落ち着いてテストに挑むコツを教えてあげることはできます。家庭での学習にヨガの脳休めを取り入れ、集中力や注意力そして想起力を高めることで学習への前向きな姿勢 (レディネス) をサポートします。さらに、子ども達は目の前におかれた達成すべき課題に合わせて、緊張をほぐしたり、エネルギーを高めたりするテクニックを身につけることができるでしょう。

SPELMAN_YOGA_2015-27-X3

2. 家庭で運動を取り入れる

家庭にヨガを取り入れることで、体を動かすことは当たり前のことと思えるようになるかもしれません。家族みんなで運動することを日々の生活に取り入れることで、健康な身体を維持することの大切さを自然と子どもへ伝えることができるでしょう。

SPELMAN_YOGA_2015-81-X3

3. ソーシャル・エモーショナル・スキル (人間関係と感情のスキル) を育てる

Yoga Ed.では、成功とはテストの点数に関することではないと認識しています。将来を担うリーダー達は、単に標準化されたテストで高い点数を獲得することよりも、もっと別のスキルを必要とするのです。ヨガで子どもの社会的・感情的スキルを養うことは、自己への気づきや自己管理することへの種まきをし、社会認識や思いやりを持つことに花を咲かせることができるでしょう。

4. 子どもの学校と関わる

もしあなたが、コミュニティやあなたの子どもが通う学校に時間を費やし関わることが好きなのであれば、Yoga Ed.はとてもよいきっかけになるかもしれません。ヨガを通して身体的、精神的そして感情的な健康を育て、意義のある変化をもたらす中心人物として活動できるでしょう。Yoga Ed.のプロフェッショナル・インスティテュートやワークショップでは、子どもへ効果的にヨガを教える方法を学び、あなたの子どもが通う学校に合ったレッスンプランを作ることができるようになります。

 

5. ポジティブな自己像を促進する

身体に対するイメージや美しさの基準、そしてひとりひとりの価値についてのメディアの発するメッセージを見てみると、子ども達は、励ましや自信、そして自己愛に焦点を当てたカウンタートークを必要としていることが痛いほど明らかです。ヨガツールで子どもたちをサポートすることは、批判しないことを学び、個々のアイデンティティーや強さ、能力、そして可能性に深く感謝し、またひとりひとりが生まれながらにしてもった個性の素晴らしさを尊重することを伝えていきます。

SPELMAN_YOGA_2015-185-X3

6. いじめを撲滅する

ヨガを通して、子ども達へ互いに思いやりをもち、尊重し合うことの大切さを伝えましょう。個人へのその効果は無限大です。研究によると、子どもが自分の気持ちを認識できると(自己への気づき)、自分の考えや感情、そして他者への行動に対して責任をもち、そして同時に仲間と思いやり、共感をもった関係を築くこともわかりました。(Durlak 2011)

7. 平和を保つ

大きな社会的感情認識から生まれる対人効果は、家庭へもより和やかな関係をもたらすことができるでしょう。ヨガは、子ども達がコミュニケーション能力や自己管理スキルを築く手助けをすることでかんしゃくを抑え、兄弟姉妹ゲンカをなだめます。そうすることで、殴り合いになることなく、話し合いで解決できるようになるでしょう。

_DSC0532

8. 自分自身の健康と幸福をサポートする

事実と向き合いましょう…親のあなた自身が自己管理を怠れば、子どもの世話をすることはできません (言うのは簡単ですが実際は難しいですよね)。Yoga Ed.のツールをあなたの子育て道具箱に加えることは、ただ単に下向きの犬のポーズなどヨガを教えるだけではなくそれ以上のことを伝えることができ、そして、あなたは伝えようとしている原則を体現することができます。あなたは自分自身のことをもっと深く知り、進歩やこれまでの道のりを理解できるようになるでしょう。そうすることで、必要に応じてあなたにあったヨガツールを取り出し、日々の慌ただしい生活をきっとうまく操れるようになります。子ども(達)のどんな逆境へも強く立ち向かうことのできる精神力と健康をサポートしながら、あなた自身も同様な精神力が鍛えられ、健康と幸福に向かって進んでいくことができるでしょう。

参考文献

Durlak, J. A., Weissberg, R. P., Dymnicki, A. B., Taylor, R. D., & Schellinger, K. B. (2011). The impact of enhancing students’ social and emotional learning: A meta-analysis of school-based universal interventions. Child Development, 82(1), 405−433.